2013/12/29

振り返る


今年、国分寺駅のドトールが閉店しました。


・・・今年一年振りかえって、そのハナシ?


って感じもしなくはないですが、
今日、ふと、また思い出しちゃったもんで・・・

国分寺で仕事を始めてかれこれ7年。
仕事の後の帰宅前にコーヒーを、
深夜に帰れず仕事場に泊まり朝ご飯にモーニングを、
暇つぶしに、メヘンディの図案描きに、

今は無き海老入りミラノサンドBに関しては
一体いくつ食べたのか数えるに及びません。

まあとりあえず、ものすごく通ってたってことですよ。

もともとドトールの張り切りすぎてないインテリアとか
2oo円と安価なクセの無いコーヒーの味とか
オヤジカフェとも呼ばれる客層の広い庶民の憩いの場的な雰囲気とか
そんなドトールのことは全体的に好きではあるのですが

国分寺ドトールに関してはその適度な広さといい
解放感がある席の配置といい
喫煙者に対しての配慮の適度さといい

なんてゆーか、私の中では
ベスト・オブ・ドトールといっても過言ではない
国分寺ドトール。
もう無いけど。

ちなみに一番お気に入りの席は喫煙席と壁一枚を挟んだ禁煙の椅子席でした。

隣で宗教の勧誘を受けている女性がいたこともありました。
隣でカップルが喧嘩を始めたけれど、
聞き耳をたてても会話が韓国語で全くわからないこともありました。
競馬新聞をひろげるおっさんも、
問題集と格闘する男子学生も、
ひとつのテーブルに椅子を持ち寄り話し込むおばちゃんたちも、
なんだかこの国分寺という町の縮図のようでおもしろかったのにねえ・・・

ちょっと小腹がすいたときに食べるパン類も美味しかったのに。
他のコーヒーショップに比べて日本的っていうかちょっと味も繊細でさ。
スタバとかタリーズのサンドイッチって、
なんか大味っていうかエサっぽい味がして好きじゃないんだよね。

春先にこのドトールが閉店することにショックを受け、
たびたびツイッター等で呟いていたら

「マエダさ、ドトールのこと気にしすぎじゃない?」

なんて友人に言われちゃったりしてね・・・

イヤイヤ、絶対、
他にもこのドトール閉店にショックを受けている国分寺市民がいるはずだから!!

と思い、ネットで「国分寺・ドトール閉店」と検索してみたら
案の定でてきましたよ、
国分寺ドトールの閉店を嘆く人々の声が。

「マイホーム、ドト」

とまで呼ばれてたよ、ある人には。

中には「なぜ閉店するんですか!?」と駅ビルに問い合わせた人もいるらしく、
駅ビルからの答えとしては「来春からの契約が交わされなかったためです、ご理解ください。」という
答えになってるんだかなってないんだかわからない答えが返って来た模様・・・

まあたぶん、家賃があがって撤退したってところだろうな・・・

知らないけどさ・・・

これだけ愛されてることを果たして知っていたのか
国分寺ドトール。

ドトールの後釜タリーズにはどうも馴染めず、
なんかハリボテ的な内装がイヤなんだよね・・・
最近は改装した西国分寺のドトールを愛用中です。

ちなみにどんな駅に降りても大概、
徒歩圏内にドトールはあることが多いので
知らない駅に降りる度についドトールを探してしまう私。

なぜこんなにドトールが好きなのか自分でもよくわからないのですが

いや、ドトールが好きというより
今は無き国分寺ドトールにドトール全てを好きにさせられたというか

それにしても銀座ル・カフェ・ドトールはちょっと高めのお値段のせいか
他店ドトールよりカップ自体が大きいのですが、
大きめカップでたっぷり飲むドトールのコーヒーは何故か不味い。


なぜだろうね。