2011/07/31

猫じゃらし


お隣 国立で友人ユミコさんがやっている自宅サロンには、猫がいます。


「最近のこの子たちのお気に入りはコレなんですよ〜〜。」


と ユミコさんが取り出したのは、ネコジャラシ。


たしかに、猫たちの鼻先や足下でカシャカシャ動かすと、
猫たちの眼はいきなり獲物を狙う眼になって、一目散にこの猫じゃらしにじゃれつきます。


じゃれるとはいっても、猫といえばハンターですから、
結局は獲物を捕らえる感覚なんでしょう。
目の前を横切る高速ネコジャラシを、猫特有の瞬発力と反射能力でキャッチするわけです。


猫をジャラしながら、なんだかとても楽しそうなユミコさん。


そんなユミコさんを見ていたら、
マエダの頭にとある疑問がよぎりました。






「・・・猫をじゃらしているオマエ自身は、
      一体どれだけそのネコジャラシにじゃれることができるのだ?」






思い立ったら、やらずにはいられません。
「ユミコさん、私にもそれかして!」と、ネコジャラシを貸して頂きました。
そして、座っているユミコさんの足下で




カシャ カシャ カシャ ・・・




「マエダさん・・猫じゃなくて私ですか?」と、
一瞬 呆れ顔のユミコさんでしたが、次の瞬間、ネコジャラシに飛びかかりました!!




カシャっ






ばんっ(ユミコさんが床を叩いた音)






カシャッツ




ばんっ






・・・うーん。ユミコさん、ちょっと遅い。
やっぱりそこまでの反射神経は人間には備え付けられてないのね・・・。
なんだか私も自分の人間っぷりを試してみたくなったので、
「ユミコさん、私にもやって!」と 今度は私がジャラされ役に。


私が人間としてできることは、その獲物ネコジャラシを視覚で瞬時に知覚することと、
それと同時にどれだけ早く自分の筋肉を動かして手をだすか。
まあ 結局は運動神経の問題ですね。


ネコジャラシを持つ ユミコさん。




カシャっ




ばんっ




カシャカシャっ




バンっバンっっ(連打)






・・・やっぱりだめだ!!


私の手が遅すぎる!!


しょせんは私も人間だった!
こんな高度な運動能力と反射神経は、こんなでっかい脳みそ持ってる人間には無理なんですよ!
情報が大脳皮質を経由している間に、ネコジャラシは・・獲物は目の前を通過して行くんです! 
あたかもそんな肥大した大脳皮質を嘲笑うがごとく・・・


よく、動物に対して知能が人間と比べてどうとかいう人がいますが


それってきっと人間の価値観なんでしょうね。
知能なんて、きっと他の動物には必要ないのかもしれません。
全ての動物は独自の進化を続けていて、
人間のように大脳が肥大する動物もいれば、他の能力や感覚が進化していく動物がいる。
人間には全く感知できない能力や想像もつかない感覚を持っている、そんな動物もいっぱいいるのかもしれません。


全てが独自なのだとしたら、その過程はいつでも完璧です。






ネコジャラシ。侮れません。





























2011/07/28

白鷹伝を読む。


お客さんとの話題にたまに上る「藤沢周平」の小説を読もうと試みたのですが
最初の1行目で挫折してしまったので・・


結局、山本兼一の「白鷹伝」を読んでます。


これ、おもしろい!


「利休にたずねよ」と同じくらいおもしろいです!


コレ、「鷹匠(タカジョウ)」という鷹狩りに使う鷹を飼育・訓練する人の話なんですが
もともと私、強い鳥が好きなので、読んでて楽しくてしょうがないです。


4人の戦国武将に仕えた鷹匠・小林家次、
白鷹に命かけて惚れ込んでつかまえて調教して・・


もう家次ったら白鷹に全身全霊で恋してる感じですよ。
この世にふたつといない強くて美しい鷹に恋して挑んで手なずけてるんです。


私の個人的な趣味ですが、この小説はこの白鷹に感情移入して読むとかなり楽しめます。


日本一の鷹匠に焦がれられてるこの白鷹を「女」に見立てると、
ちょっとした色っぽいラブストーリーにも読めるんですよ。


はじめて家次が白鷹「からくつわ」をしとめたシーン・・・




『あたりをみまわした。
 月明かり。
 杉の梢。
 鷹の影。


 いつもの枝に、からくつわがいた。
 「そこにいたのか」
 
 そこにいるのが当然だと家次は思った。
 からくつわは、俺の拳にとまりに来たのだ。






俺の拳に・・・






私もとまりたい!!






私を捕まえて!!






ああ なんでしょうこれは、女子にありがちな 手なずけられたい願望でしょうか?




てゆーか実はまだ半分くらいしか読んでないので、つづきを読みます。





























2011/07/26

河原を歩く


不意打ちで午前の仕事がキャンセルになったので
朝4時半起きで飯能の名栗川までいってきました。


川の冷たい水って大好き!


この飯能の河原はちっちゃい頃から何度となくいっているので
とても馴染みのある河原です。


朝 早かったせいか、ひとっこひとりいない、河原。


ふつうなら気持ちよくて仕方ないとこなんですが
今回はちょっと気になることが。


河原が、超 キタナい・・


バーベキューあとの残骸とかペットボトルとか
焼きそばの食べ残しとか肉のスチロール容器とか紙皿とか
ビニールシートの破片とかサンダルのかたっぽとか。


自然保護とか大それたことは言えないけど、
さすがにちょっと・・


もういっそのこと、河原でバーベキューとかやめませんか?
焼きそばとか肉くらい家で食べようよ。
徹底してダッチオーブンとか持ち込んでアウトドアクッキングするくらいの気合いがあるならまだしも(総じてそういう人種はマナーもしっかりしてるし)
ただ網とか鉄板とかレンタルしてスーパーで買ったパックの肉とか野菜とかを微妙な火力で
焼くくらいの料理なら、どっかで美味しいお弁当とか買って来て食べるくらいの方が
美味しいし、楽だと思うのですが。


まあ、バーベキューって、
目的が食事ってよりはコミュニケーションだったりするからねえ・・


ああ あんまりくどくど言うのはやめよう・・


そういえば河原って、普通、みんなどんな靴で歩くんですか?


ちょっとホールドできるくらいのサンダルとか?
でも小石とか砂とか入ると歩きにくいよね?


先月の屋久島で沢登りをして以来、
マエダは「沢足袋(さわたび)」に心酔してしまったのですが
これは普通の河原でもありなんでしょうか?やりすぎ?
いや 確かに私が履いてる姿はちょっと滑稽というか無様なんですが
アウトドアな男の人が履いてると、ホントにかっこいいんです。
一目惚れできるくらい。


「沢足袋」ってホントにすごい。
足裏を保護できるのに、足の機能を存分に活かせるこの作り!












ああ、欲しいなあ・・
(多分使わないけど・・・)





























2011/07/22

制覇しました。


昨日、御茶の水 医科歯科大附属病院にて・・


オヤシラズ四本目を抜きました!


オヤシラズ制覇です!


根っ子のあるものを抜き取るって、怖いけどなんかすごいスッキリする・・
すっごく身軽になった感じです。


なんだろう この開放感・・


「抜歯ハイ」って名付けようかな。


4本目の手術後、手術の緊張感からの解放感も手伝って
嬉しくてテンションが上がりっぱなし・・


食べれもしないのに、ワンホール、ケーキを買って帰りました。


嬉しくなると花とかケーキとか買って帰りたくなるんです・・私。


まあ まだケーキどころか固形物が満足に食べれないんですが・・。


お腹すいたーー。。


ああ 今はとにかく普通の食事がしたい・・


って ことで 今 食べたいものを写真で貼付けてみました。





2011/07/18

ショートヘアについて


一年ほど前にロングヘアをばっさりショートヘアにしてから
なぜか、初対面の人にやたら「ショートヘア」を褒められます。


なぜか、「ショートヘア」だけ、とても褒められます。


「はじめて会った時から、ショートヘアが似合う人だなあと思ってたんですよ。」


「マエダさんをみて、私もショートヘアにしようと思いました。」


出会い頭に私の顔を見るなり、


「ショート似合いますね!」


と 言われた時にはさすがにどうしようかと思いました。


この間初めて入った服屋さんで服の話ではなくいきなりショートヘアの話を
振られたのも一体どういうことなんでしょう?


まあ 単純に自分を褒められるのはとても嬉しいことだし
褒められるたびにマエダは喜んでいるのですが


ただ なーんか 腑に落ちないのですよ。


だって、なぜいきなり「髪型」なのですか?
キャラクターを構成する要素の中で、なぜいきなり「髪型」なのか?
ほかの構成要素の服とか顔とかに比べて、明らかに「髪型」だけは
「似合う」かどうかが重要な要素であって、私という人間からポコっと髪型だけを
取り外して、それを「いいなーコレ。」と眺めて楽しめるものではないと思うのですよ。


だから、言ってみれば私のキャラクターに合っているということなのかもしれませんが。


ただ、なんか私的に気になるのが・・


どーでもいいことなんですが


どーにも「私」よりも「ショートヘア」を褒められてる気がして仕方ない・・(笑)




・・・もしかして




本来はその人のキャラクターを引き立てるべくして在るヘアスタイルというものが、


私の場合は、私という人間のキャラクターが、
ショートヘアを引き立ててしまっているのではないだろうか!?


わたし・・・ショートヘアの引き立て役?


うーん。


なんかここまで書いてきてそんなことどうでもいいことのような気もしてきましたが
大体にして、こんな風になにかを深ーく考えることって、
多くの場合 どーでもいいことなんですよねえ。



















2011/07/16

満月の夜に



「ナツコさんと、男の話がしたいんです! 飲みましょう!」


そんな妙なご指名がかかったので・・(笑)


満月の夜、女友達 Sちゃんとお酒を飲みに。


「最近、3人の男の人に口説かれてて。どれにしようか迷ってるんですよ。
 一人は2年前に別れた彼。もう一人はちょっといいなと思っていた仕事先の同僚。
 で、もう一人は、この間 旅先のウズベキスタンで出会って帰ってきてからも仲良く
 してる5歳年上の彼なんですけど。」


なんともうらやましい話を始める美少女Sちゃん・・


「どの男の人もそれなりにいいなと思ってるんですけど、
 付き合うってことになると、やっぱり色々考えちゃうんですよね。
 だって これから付き合うってなると、やっぱり結婚とか子供とか考えるわけだし。
 それなりに、社会人として親とか親しい人に心配かけたりしないくらいの
 まっとうな男がいいなーとか、思うんですけど・・。」


なるほど確かに・・
今年29歳の美少女Sちゃんは人生や普段の生活においての第六感は
やたら鋭くて瞬発力がある方だと思うのですが
なぜか恋愛に関してはいつも受け身というか、
まあ、そんなに男が付き合ってくれとせがむなら まあ いいか。
付き合ってやるか。
・・みたいな感じで、自分の方が「どうしても、この人がスキ!」みたいのはあまり無いみたいなんですね。


そういう彼女がまあそこそこ気に入っているというレベルの3人の男の中から
一人を選ぶというのは、たしかにちょっと むずかしい気も・・。


「そうなんですよねー。
 まあ 最後までしつこく粘り続けたもんの勝ち、みたいな感じですかね。」


みたいな感じでつらつらと蕎麦屋で日本酒を飲みながら話をして
5時間後に国分寺の駅でバイバイして
私はひとり満月が煌々と光る道をウチまでふらふら歩いていたら


こんな夜更けに、私の携帯にもう一人の女友達 Yちゃんからのメール。


『ちょっとナツコ、聞いてよ。このあいだ友達の紹介で仲良くなった3歳年下
 の男の子がいたじゃん? 今日その男の子と二人で飲んでたんだけどさ、
 今さーその子が私のとなりで寝てるの。寝てるだけで、なにもしてこないの!
 どう思う!?』


うーん どう思うかと言われても(笑)
確かに女の方がその気になって待っているのに、
それを知ってか知らずか寝に入っちゃうのは反則ですねえ。


まあ、そういう「その気」というのはまさに二人の微妙な電気信号の
やり取りみたいなもんで認識し合うもんだと思うので そこらへんのお互いの
信号の精度というか能力というか相性に若干の隔たりがあったのかもしれませんしねえ。


なんだかおかしくて、笑いながらYちゃんにメールを返していたら
そこに今度は十年来の親友Mちゃんからのメールが。


『なっちゃん、ちょっとお願いがあるんだけど、
 私、明日 大阪に2泊で旅行してきます。
 実はこのあいだネットで仲良くなった男の人がいるんだけど、
 別れた彼氏のこととか色々相談してるうちになんだか好きになっちゃって。笑
 まだネットだけで実際に会ったこと無いんだけど、今回初めて大阪で会うことに
 なりました。
 多分 大丈夫と思うんだけど、一応 防犯も含めてなっちゃんには連絡しとくね。
 よろしくおねがいしま〜す。』




・・・




なんだか みんな 恋してんな〜〜〜!




2011年の夏は、この一回きりだ!




みんながんばれ!!










メヘンディのブログも更新中!*
















 
 

2011/07/14

My way


何年か前に、


「占い師になろうかなー。」


と いきなり思い立って購入したタロットカードが、引き出しからでてきました。


結局、マエダは占い師にはなれませんでしたが
このタロットカードは何か使い道があるだろうか・・・


それにしても何故 私は こうも唐突に何かを思いついて
しかも深くそれについて考えずに行動してしまうのでしょうか?


占い師になろうだなんて・・


「なりたい!」じゃなくて「私ならなれるかも!」に近い思いつきだった気がします。
一体 私は自分自身をなんだと思っているのでしょう。


以前から親しい占い師さんを見ていれば、
その占い師という職業が、ある意味特殊な才能と経験と知識と努力と
その人自身の哲学がどれだけ必要か、わかるだろうに・・


と いうか


正直、私は占いって 怖いです。


解説者としての占い師さんの人間性もありますが
特にタロットは容赦がない感じがして、ちょっといつも逃げ腰です。


「運命」のようなものを突きつけられて、
実際にそれを受け入れなければならなくなった時、
いつも思うのが


「その運命を、あらかじめ知らされていた場合と、そうでなかった場合、
たとえたどり着くところは同じで決まっていたとしても、そこに至るまでの自分の
思考や感受性に 重要な違いが無いとは言い切れない。」


と いうこと。


「こんなこと続けてても結局 無駄だってわかってるけど
でも今は楽しくて楽しくてしかたないから、絶対、やめない!」


って ことがままあるマエダには、


「運命なんて知らない方がその時を楽しめる」っていうのも


一理 あるんですよねえ。







2011/07/11

未来ちゃん


少し前からテレビや雑誌でよく話題になっていたので気になっていたのですが・・


二回立ち読みしてもまだおもしろくて気になってしかたないので
今日 買ってしまいました。


すっごいかわいくておもしろい写真集です。


こう言っちゃあなんですが
ちっちゃい頃のマエダそっくりです!(笑)


「これ、ナツコじゃないか」


と 横から覗き込んで来た父にも言われました。


すごい、この子供っぽさ!


なんだか、自分がこどものころに見ていた世界を思い出してしまいました。


子供のかわいさ、この未来ちゃんのかわいさを味わうために見るもよし。
未来ちゃんを通して、幼い頃の自分の目線を再び、思い出すのもよし。


光のいろ、


海のあたたかさ、


布団の匂い


雪の味。


そこにあるだけで新鮮だったこの世界が、
再び 輝き出すような、写真集です。


あ、なんか宣伝文句みたいになっちゃった(笑)








メヘンディのブログも更新中*



















2011/07/09

手羽先を食べた。


先日、Aさん・Sさん・マエダの三人で手羽先を食べました。


「わたし・・手羽先を食べるたびに思うことがあるんだけど」


その日、手羽先論議の口火を切った、Aさん。


「手羽先ってさ、一羽の鶏から一組しか取れないわりには、消費してる割合が多いと思わない?
だって、スーパーでだって、結構数入ってるのに安価で売られてたりするし、
世界の山ちゃんなんて一体一日にどれだけ手羽先を消費してんだって話でしょ?」


言われてみれば・・・


たしかにその日だって単純に考えて3人で8、9組くらいの手羽先は食べてるし・・
もしホントに一羽から一組しか手羽先が取れないんだとしたら、
今日のここだけで、鶏4、5羽分の消費!


「なんかさ・・バランスとしておかしいと思わない?
 手羽先だけが、大量に消費されてる感じがしない?
 もしかして・・」


その日の手羽先は、甘辛いタレの味。
私はお酒を飲まないけど、こういう味ってビールには合うんでしょうねえ。
ビール片手に、手羽先片手に話を続けるAさん・・




「なんかさ、私が思うに」






「この手羽先って本物のニワトリの手羽先じゃなくて・・」






「手羽先だけが遺伝子組み換えとかで独自に養殖されてんじゃないかと」






・・・なんか 手羽先だけがどこかの研究所だか工場だかで大量に養殖されている
様を想像してしまったら、いやーなんか おもしろいけど ありえなくないけど、
とりあえずすごく笑ってしまいました。


でも、実は私 そんなに手羽先って普段食べないので大量消費感はないのですが
ちょっと調べてみたら、「手羽」ってとりあえず鶏の羽部分全部のことを差すそうで、
そのなかで胴体に近い方から「手羽元」「手羽中」「手羽先」と部位が別れるそうです。
ちょっとわからないですが、「手羽中」くらいは「手羽先」にカウントされてたりするんじゃないですかね?


ちなみにこのAさんの手羽先養殖話をマエダのお客さんに振ってみたところ
こんなふうにお答えをいただきました。


「それはね! きっと、鶏には食肉になるための鶏と、卵を産むための鶏が
いるわけだから、卵を産むための鶏も完全に食肉として流通はしないにしても、
手羽くらいはむしられて卸されてるんじゃないかね?」


たしかに・・


手羽ってほとんど皮でゼラチン質だから、
あんまり肉質とか関係なさそうだよね・・


まあ そんなかんじで真実はよくわからないまま


てゆーか こういう時のマエダというのは正直 真実はどうでもいいというか


いろんな方々の想像力がどんな方向にどれだけ飛ぶのかということを
見たい一心で、思わずこんな話を振ってしまうのです。


ちなみにマエダが好きなのは、真実の斜め横へゆく冷静な想像力もいいのですが、
真実とは真反対にぶっ飛んだ奇天烈な創造力も大好きです。


いやー大変楽しませて頂きました!


ごちそうさまです!



























2011/07/07

志麻子


この間・・・知人に


「ナツコさんって岩井志麻子に似てるね」と言われてしまいました。


ああー ついに言われてしまいました・・・


「どこが似てるの?!顔?」


・・・と聞いてみたら


「いやー外見ってゆーか 話すことってゆーか 言葉の選び方とか・・。」


てゆーか 外見のことだけでいうなら
私 今 国分太一なんですけど・・
なんか雰囲気みたいなものなんですかね?




実は、私、学生の時に同じこと言われたことあるんです。
なんか嬉しくなかったんでその事実は私の胸の中だけに封印していたのですが、
ああー 10年以上も経った今、再び言われてしまいました。


岩井志麻子って、あの「キチガイ」とまで称されたエロおばさん(小説家)ですよ・・


ああいう一見個性的であけっぴろげな人って、
そういうキャラを演じなければならないような精神的なぎりぎり感を
昔、抱えていたんじゃないのだろうか・・


みたいなそんな想像を勝手にしてしまって昔はなんだか見るのがイヤだったんですが。
喋り方もなんかヒステリックだし。


せっかくだから、この機会に著作を読んでみることにしました。


「ぼっけえきょうてえ」とか代表作であるんですが
なぜか私が初志麻子に選んだのは、対談集の、「猥談」。


だって なんか タイトルがよかったから・・・


コレ


すっごく笑えました。


野坂昭如、花村萬月、久世光彦の三氏との対談が収録されているのですが
とくに花村氏との対談が逸品でした。
一人で手ー叩いて笑ってしまいました。


花村萬月って、なんかあったかい人なんですねえ。


思うんですが、エロ話がホントに好きでこれくらい語れちゃう人って、
情に厚い人だと思うんですよ。


エロの趣向って生き方の方向性だし、
エロの行為って社会関係の縮図な気がしませんか?


この対談してる人たちは、「人間」とか「人間関係」がすきなんだろなあ。


志麻子はわかんないけど・・


それにしても対談集でこんだけ笑わされてしまうとは恐れ入りました志麻子・・


正直、小説はいまいちピンとこなかったのですが
この岡山弁はちょっとクセになりますねえ。
方言ってたまに色っぽく感じるのってなぜなのでしょう。

































2011/07/05

気化熱について





何事も体感するに限ります。


去年のとある猛暑日、
出かける直前に洗濯を始めたマエダ。


ふと、こんな考えが頭をよぎりました。


「脱水が終わった後の濡れた洗濯物を、そのまま着て出かけたら、
 意外と涼しいんじゃないだろうか?」


洗濯槽から脱水したてのワンピースを取り出し、おもむろに着てみました。


・・・なんだか、ひんやりして きもちがいい。


そのまま、バッグを持ってサンダル履いて、
炎天下 駅まで 歩いてみたら




すごく 楽!!




身体が全然 暑くない!!




恐るべし「気化熱」効果!!




鋭い日差しの下、すぐにワンピースはカラカラに乾いてしまったので
この気化熱冷却ワンピースの効果は大体30分くらいといったところでしょうか。


それにしてもすごい。


打ち水と原理は一緒ですが
肌に直接 接してる分、体感的にはかなりのもんです。


そうか〜


「気化熱」・・


液体が蒸発するためには熱が必要で、
だから液体が気体になる時に周囲から熱を吸収するわけで


知識としては知ってたけど!


こんなに体感できたのって、初めて!!


これ、ほんとにすごいですよ。


暑い暑いとか言って なんでみんなコレやんないの?


無駄な消費を産まない、究極のエコです。


しかも、わざわざ洗濯物干さなくていいし。
濡れた洗濯物を洗濯槽からひっぱりだして身にまとう時の、
なんだか今まで味わったことの無い微妙な背徳感も味わいどころです。


これに感動したマエダは去年今年と 色んな人にこの「気化熱効果」を
勧めてみたけど、みんな「なんか湿ってて臭いそう」とか言って なかなか
実行してくれないので、


今朝、買い物に出かけようとしてた母を捕まえて
「ホントに! ホントにすっごく涼しいから!」って言って
脱水したてのTシャツを無理矢理着せて、近所のスーパーにまで
買い物にいってもらいました。


一時間後


帰って来た母が一言。




「たしかに・・・たしかに、涼しかった! コレちょっと すごい!」




ほー ら ね !!




熱中症予防には、濡れTシャツ。


「でもコレ、人としてどうなのかしら」


なんていいつつも 母、多分 明日もやるとおもいます。







ドーナツについて。



 なぜ、ドーナツはあのリング状の形なのか?


 昔から気になっていたので改めて調べてみました。




かつてハンソン・グレゴリーという船乗りがいたが、その人物が子供時代に生焼けのドーナツを食べたことから、中までしっかりと火が通るように真ん中に穴を開けるよう母親に勧めた」


真ん中まで火が通るように、というのがとりあえずの定説らしいですが


わたしは、ちがうと思うんですよ。 


だって、火が通りやすいようにするくらいなら他に方法はあるじゃないですか。
ちっちゃくするとか、細長くするとか、実際そういうドーナツもあるし。


わたしは、☝☝みたいに運ぶためだったと思うんです。


揚げたてをひょいひょいって棒に通して、


そのままドーナツ売り!


穴は常に何かを通されるべくして存在してるんです!


多分。










*メヘンディのブログも更新中!*