2014/05/21

ものずき



うれしいことに、
欲しいといってくれる友人がまたひとりいたので
今度は首輪と手枷をフルセットで作りました。


・・・みんな、モノ好きね・・・笑




イベントでメヘンディ描く時用に欲しいんだよね。
 これからゴシックとかスチパンのイベントにも出るかもやから。」



・・・え・・・!?


あ、そうですか。

拘束用じゃなくて、衣装用なんですね。
別にそれでもいいんですけど、
だけど腕に拘束具つけたままじゃメヘンディなんか描けないじゃん・・・!!


「手枷と手枷の間は自由がきく範囲の長さの鎖で繋ぐということで。」


・・・ですよね。


手首のサイズに合わせて、
今までのとはちょっと形を変えて作りました。



まあ、ほとんど同じだけど。
手首の周囲を大きくしたのでデザインの窪みがふたつあるんです。




手枷と手枷の間は基本、鎖で繋げるようにしましたが、
一応、鎖の先の金具できっちり連結できるようになっています。
このままもう片方の金具を首輪に取り付ければもちろん拘束具として使えるよ。

衣装用に使うのに飽きたら是非、拘束具としても使ってみてね!

とはいってもですが

私が想定するレベルの拘束って、
せいぜい手足とか首とかを固定されて自由に動けなくさせるとか
軽く鎖を引っ張られたりするとか
まあそんな軽いもんなので




くれぐれも吊りとか強い負荷をかけるような遊びはしないでね?


まあ、どうせしないでしょうけど。


「それとさ、マエダさん。革でちょっと欲しいものあるねんけど。」

「え?なに。作れるようなもんなら作るけど。」

「革のハーネス。」


・・・・ハ?


「肩用のベルト付きアーマーみたいなの。
 北斗の拳の肩に付いてるアーマーみたいな感じで私はとらえてるんやけど。
 でも、一応 ハーネスって呼ぶらしいんやけどね。」



・・・ってゆーか、

みんなして「北斗の拳」を引き合いに出すのやめてよ・・・!!
私、読んだこと無いのよ?

あ、でもなんか
「ハーネス」をスチームパンクで検索すると結構色々でてくるね。
なんか、イメージはわかったような。


「てゆーか、ハーネスって、何に使うの?
 ファッションアイテムとはいえど、
 本来の使い道くらいは明確にしておきたいんだけど。
 拘束具ではないんだよね?」

「うーん、ハーネスって聞いて一番最初に思いついたのは大型犬の散歩に使うアレだよね。」

「私は、登山用品を思い出したけど。それか、軍モノとかじゃないの。知らないけど」

「たしかに、銃のホルスターみたいだもんね。」



・・・



「・・・あ!あのね、ハーネスの起源は、馬をコントロールするためのものなんだって!
 おそらくフェティッシュからの派生によりスチームパンク界にもハーネスが取り入れられているようです。ですと。」


「へえ! ってことは、馬に装着するんだよね?
 昔、ボンテージ姿の白人の女の子が馬みたいに繋がれて
 歩かされてるSM系の映像を見たことがあるんだけど、そんな感じかね?」


「そうかもね。コントロールするってとこがね。」


・・・

なんだか、自分でも何を作りたいのかよくわからなくなってきましたが
基本的にセクシャルなものが好きなので
少しでもそこらへんと結びつけられればなんでも楽しめそうな気がしています。

とはいえ、
とりあえずハーネスは置いといて、
次は思いがけず作らせてもらえることになった、
ピンク色の首輪に取り組みたいと思います。







2014/05/17


雨女なんです。

よく一緒に出かける友人たちには「また雨だね〜。」とよく言われます。

ていうか、最近では雨が降ると私のせいにされるんですよね。

まあいいんですけど。

最近では「予約いれる日に限って・・・雨が。」と
お客様に対しての降雨量にも変化が見られる次第。

なんかすみませんね。

例に漏れず、
友人と安曇野へ日帰りドライブを約束していた先日も見事に雨予報でした。



雨? アハハ!! いいじゃん、楽しそう!」



友人マリは雨予報で気持ちが折れるような弱い女じゃないんで私も気が楽なんですが。



「大丈夫!私とナツコさんが安曇野行ったら、安曇野、雨上がるよ!
 雨上がりのキラキラした安曇野を見に行こうよ!」



なにが彼女をそうさせるのかは謎ですが、
この女、いつでも強気なんだよな・・・

まあ、だから、一緒にいて楽チンだし楽しいんだけど。

たしかに、二人でカナディアンロッキーに行った時も、
吹雪く山の頂上に登った直後、雪雲が一気に抜けて冬山の絶景が拝めたりとか
この女といると、ちょっと人間の領域を越えた感じの幸運に恵まれることが多いんですよね。

なので、実はこの雨予報の安曇野ドライブも私は別に心配はしてなかったんです。

なんか、この女と一緒なら雨雲も切れて、晴れる気がする。

ってゆーより、雨でも絶対、楽しい気がする。

そう、雨でもなんでも、この女と一緒だと楽しくなっちゃう気がするんだよね。

まあ、そんな感じで彼女の住む甲府から高速をブッ飛ばして安曇野に向かったわけなんですけど


・・・すごいんですよ。


雨でも楽しいといいながら、
彼女の運転する車から後ろを振り返ってみたら


・・・雲が切れて青空が見えてる。


ってゆーか、彼女が通ったあとの、道が晴れてる!!


・・・・あんた、すごいね。


「アハハ!だからいったじゃん!」


そんな感じで、雨上がりのしっとり晴れた安曇野を満喫して参りました。




安曇野といえば、やっぱりここだよね。
黒澤明の「夢」の舞台になった水車小屋。
この川の水はすごく綺麗で冷たい湧水なんだよ。

ボートで川をのんびり散策。




綺麗でしょ。

水の中に草が生えてる。
ボートから足を出して水に浸けたら、草が足にさらさら撫でついてくる。

・・・なんでかわかんないけど、女の人の髪の毛みたいな感じがするのよね。
なんでかしら。

「ねえねえナツコさん!!綺麗だね!やったね!青空がみえるよ!
 雨上がりの安曇野やったじゃん!!」

友人マリも大はしゃぎ。





ここはワサビ農場なんですよ。

生ワサビを食べさせてもらったけど、甘くて美味しかった。
だけど、なんでかあんまりツーンとしなかったな。

このあと、とぎれとぎれに小雨が降ったりやんだりしていたけど

「ねえナツコさん!私、お昼にこのお蕎麦食べるって決めてるの!ここいこうよ!」

・・・ってことでちょっと小洒落た蕎麦屋で具沢山の冷たいお蕎麦を食べて、

「ねえナツコさん!私、秘湯って初めて!すごい楽しみ!
 なにこんな山奥なの!?すごいじゃん秘湯!」

・・・って感じでまた一時間くらい車を走らせて山の中の秘湯に立ち寄って
貸し切り状態の露天風呂を満喫して

「ねえナツコさん!あづみの公園もう閉園だって!折角きたのに!
 しかたないからこの先でUターンするね!」

・・・って感じでUターンしようとした場所で思いがけず出会ってしまった
美しい川辺や沼や吊り橋のある緑地帯を散策して

おまけに延命水とかいう湧水のあるところに行って
雨で濡れたしっとり艶やかな苔を愛でながら湧水を飲んで
五年くらい寿命が伸びたような気になって


        


まあ、いってみれば、すごく楽しかったってことですよ。





天気のことだけじゃないけどさ

ただ、晴れを望むより
雨でも本気で楽しめるパワーがあるってすごいよね。
ただ、晴れますようにって願い事が叶ったことを喜ぶより、
晴れでも雨でも、完全に楽しめる力を信じれる方がすごいよね。

まあ、すごいとは言いつつなかなかこの友人のようにはいかんがな・・・。

よくスピリチュアルで引き寄せとか願いが叶うとか、
そういうことよく言うけどさ

願い事が叶うとか叶わないとかって、
そんなに重要なことなのかな。


だって、
自分が思いつく願い事なんて、
たかがしれてるんだよ。



「そういえばさ〜」

「うん」

「カナダでロッキーに行った時さ、宿泊したどっかの街で夜、
 もしかしたらオーロラが見えるかもよ!とか言って、夜、部屋のカーテン開けっ放して、
 ふたりでベッドの足側に頭向けて真っ暗な夜空見ながら寝たよね。」

「アハハ!! そうそう! 私たちなら絶対見れるよ!とか言って、
 深夜に目が覚めるたびに窓の外確認したりしてね!」

「てゆーか、結局みれなかったけど!」

「ハハハ!そうそう!絶対見れるよ!とか言ってたのにね!」

「ふたりとも馬鹿だよね〜!アハハ!」



叶わなかった願い事は、只の楽しい幸せな思い出になるだけ。


まあだから、
雨女から一言いいたいだけなんですよね。

雨も悪く無いよって。





































2014/05/11

アマノさん


SM用革製品専門の職人、アマノさんに知人の紹介で会ってきました。

フツーに私鉄沿線の駅前の、フツーの商店街の一画に、
フツーにアマノさんのお店はありました。

アマノさん本人も想像以上にフツーに感じのいい方で、
「どうぞ」ってガラガラとドアを開けてくれました。

まあ、ドアを開けたその中は鞭やら拘束具やら
アダルトグッズだらけの革工房でしたが。


「ウチにはSMに限らず本当に色んな趣味のお客さんが来ますからね。
 こういう商売してると、人によっては鞭ばかり作って売ってるように思われることもありますけど、
 SM用の鞭とかはせいぜい全体の商品の二割にも満たないですよ。
 色んな性癖を持つ人がはるばる来店してくれて、それぞれの注文にあわせて、
 色んな道具を作るんです。」


別に鞭ばかり作ってるわけじゃないとはいうものの、
店内にはずらり様々な鞭の数々。

うわ〜。

たまんない。

やっぱり鞭っていいなあ。
革のヌメっと光る感じといい、動物のシッポみたいに重く軽やかにたわむ感じといい。

まあ、だけどこれだけが全てじゃないっていうのは私もわかる。
性癖っていうのは本当に人それぞれだから。

アマノさんは最近注文で作ったという吊り用の念入りに頑丈に仕立た足枷や、
頭部全体を覆うマスク、自分では取り外しのできない掌まで覆う手枷や
男の局部をくるむ針付きの革のケースなど様々なものを机の上に出してみせてくれた。

「今は無いけど、よく問い合わせがくるのが貞操帯ですね。
 革製のは実用性がないんですけどね、やっぱり貞操帯って名前だけで、
 欲しい人は欲しいって思うみたいで。」

へえ。

そういえば、別の革職人さんも鍵付きパンツの依頼が来たことがあるって言ってたな。
しっくりこなくて断ったって言ってたけど。
世の男性はそんなにも女の下半身が心配なんでしょうかね?

「いや、今は大体が、男性用の商品ですけどね。M男とかゲイの人向けの。」

あ、そうなんだ・・・。

とにかく本当に、色んなものをつくってるらしいです、
このアマノさん。

中には寝る時に装着する革用のマスク(色違い二種)とか
一体どこに性的興奮を覚えるのか私には理解できないものまでありましたが。


「道具を売る時にはね、遊び方を教えてあげるといいんです。」

へえ。

「たとえばですけど、バイブを使って外で遊ぶとしたらどうします?」

「バイブですか。ありがちですけど、遠隔操作可能なバイブを女の局部にしこんで電車に乗せてスイッチオン、オフしながら女の反応を見て楽しむとか、そんな感じですかね?」

「そうそう、一般的なとこだとそうですよね。」

「他にありますかね?」

「あのね、女の子の上着のポケットに、ただバイブを入れて、
 それをただ鳴らし続けるんです。それこそ、電車の中とかでね。」


・・・・うっわ。


「それ、すごい恥ずかしいですね。」

「でしょう。自分じゃ止められないんですよ。鳴りっぱなしです。」

それはやる方から見たら大変楽しそうですけど、
こういっちゃなんですけど私、余分な羞恥心とか持ち合わせていないんで、
やられるのはごめんです。
でも、責め方としてはシンプルにポイントだけ突いてる感じがとても好感が持てますね。

「まあ、だけどやっぱりSMといえば鞭、みたいな先入観も初めはありますから、
 鞭は初心者には人気がありますよね。」

ああ、そうですよね。
私も好きです。
鞭はビジュアル的にそそるんですよね。

だけど、鞭を振るうのってそこそこ広い空間が必要だし、
打つのもそれこそちゃんと練習しないとうまくは打てないんですよね。
知人は夜の公園でひとり大きな鞭を振るうという変質者的な練習をしていたそうですが、
まあ、そうでもしないとなかなか練習場所もないってことですよね。

「ああ、今はね、体育館とか借りて鞭の練習会とかもあるんですよ。
 僕も見に行ったことがあるんですけど。」


え?

そうなの?


「もしかして、よくある緊縛練習の縄会みたいな感じのヤツですかね?」

「そうそう、まさにあんな感じです。」

「みんなで、サークル活動みたいに和気あいあいと縄で縛る練習とかするんですよね。
 私も参加したことありますけど、基本の後手縛りから吊りができるようになるまでの
 カリキュラムがちゃんとあって、みんな頑張って通って練習して試験とか受けたりするんですよ。
 生徒でも、結構できるようになってくると次は講師になっちゃったりしてね。」

「そう、僕はアレ見て、金儲けうまいなあ、って思いましたよ。
 まあ、鞭の練習会もそんな感じなんですけどね。」

「ああ、金儲けって言えば、たしかにそうですよね。
 だけど、そういう型にはまったカリキュラムをこなしていくことに達成感を感じているような人たちが、
 縄や鞭をうまく使いこなして他人とセックスできるとはとても思えないんですけど。
 だって、こう言っちゃなんですけど、そういう練習会に来ている男って、
 大概セックスがヘタそうなプワっとした男ばっかでしたよ。
 まあ、あんまりよく覚えてないですけど。」

ってゆーか、ああいうとこでちまちま縄の練習を楽しんでる時点で、
ボクはセックスがヘタですって言ってるようなもんだと思うんだよね。
ああいうものって、習うもんじゃないと思うんだ。
まあ、ただオナニーで楽しむだけの縄フェチならいいんだけどさ。

「うん、だから、そういう練習会で出会った人同士が、じゃあ、
 今度二人っきりでプレイしようか、って話になってどこか別の場所であったとするでしょ。
 そういう人にかぎって、二人っきりになったとたん何もできなくなっちゃったりするんですよ。
 それ以来、もう会わなくなっちゃって、みたいな話もよくききますよね。」


ききますね。


結局、ある人々は、
ひとつの場所でなにかを共有しながら仲間や場所をつくるのが好きなんですよね。
みんなで和気あいあいと仲良しごっこがしたいんですよね。
てゆーか、本来、自分の性癖に関することって、
そんな風にみんなと楽しく共有するようなことなんですかね?

そんなに和気あいあいと縄の練習するくらいなら、
みんなで楽しくセックスすればいいのに。

そっちの方が余程ピースフルだと思うんですが。

「だから、最近はもうSM系のハプニングバーとかって珍しく無いですけど、
 そういうとこでも大体、みんな同じような思考を共有できる客たちだけで成り立ってたりするんですよ。
 みんなで、『ボクらってこういう人だよね。』みたいな思考を共有して、仲間意識を持つんです。
 たとえばですけど、『ボクらはSMは好きだけど、スカトロ、あれはナシだよね〜!』
 みたいな思考に同意しあって、みんなで仲良くしてるんです。
 本来はそういう場所って、マイノリティの集う場所だから色んな人種がいて当然だと思うんですけど、
 今はなんていうか、排他的ですよね。
 まあ、ホントのマニアなんて色んなことに興味もって、色んなことやってるから、
 ウンコシッコでフツーにいくらでも遊べるんですけどね。」


「・・・スミマセン。
 私もスカトロはまだ興味ないんです。
 だけど、そう言われると、死ぬまでに一度はやってみたいって気になりますね。」

羞恥心も背徳心も無いこの私が、
どうやってそこらへんを楽しむかは今の段階ではまだ未知ではありますが。


「さすが!興味の幅が広いですね〜!」


いや、なんか興味っていうか、
やったことがないのが悔しいような、変な気持ちになってきました。

まあ、その前に色々やらなきゃいけないことも多いんで、
すぐにはあれですけど。


「今日は、色々お話してくださって、ありがとうございました。
 今度は何かお買い物しにきますね。」

実は、このお店、ウチから結構遠く無いんです。

アマノさんとも実は自宅が近所同士だということも判明しました。


「今度、ウチの近くで見かけたら・・・声、かけますね(笑)」


帰り際、
名刺替わりという名前入りのコンドームをふたつ、
もらって帰ってきました。






2014/05/05

フツーに



その手枷、フツーにアクセサリーとして使いたい。欲しい。」

と、言ってくれた友人がいたので
フツーにアクセサリーとして作ってみました。
まあ、連結金具を無くしただけであとはフツーに手枷なんですが。



この友人、デラクソ手首細くって、
私自身も結構細い方かと思ってたけど
さらにこの友人は1センチも私より手首の周囲が小さい。

出来上がりの手枷はまるで成人の手首が入るとは思えないような
こじんまりしたオモチャみたいな仕上がりになりました。

てゆーか、女性の手首の平均値って何センチくらいなんでしょうね?



「てゆーか、これ一応、オモチャみたいとかアクセサリーって言っても
 あくまで手枷だからさ〜。
 がっちり感をだすためにわざと厚みだして作ってるから着け心地はあまり良く無いよ。
 薄いと、所詮 只の飾りです!みたいな感じでイヤだからさ。
 だから、アクセサリーとはいえ着け心地は拘束具です。
 もちろん拘束具として使ってもらってもOKです。
 そこらへんはよろしくね!」
 



・・・なんて言ってはみたものの、

選んだ革の厚さがまちまちで、この友人に作った分に関しては
意外と全体的に薄めな感じになってしまいました。

まあ いいんだけど、こんな風に出来上がりが安定しない感じが
所詮、素人なのよね・・・。

さて、友人の住む名古屋へ送るために梱包でもするか。



「わー!ありがとうありがとう!
 がっちりしている方が北斗の拳っぽいよ!

 とりあえずこれがあれば、世界が核の炎に包まれても、
 ファッション的には大丈夫ね!!」



ごめん、友人。
世紀末には立ち向かえないかもしれないが、
薄い分、着け心地はまあまあだと思います。