2014/04/28


数年前に付き合っていた男と久しぶりに会いました。
ただ酒飲んだだけですけど。

「おまえは、俺とのセックスで一晩で17回イッたこともあったよなあ。」

男が昔懐かしげに言いました。



・・・


え?


そうだっけ?


ごめん、おぼえてない・・・


っていうか、ホント男ってこういうことを自分の勲章のようにしつこく覚えてるよなあ。
正直、こちらとしてはその時は気持ちよかったなあ、ってそこで終わる話なんですけどね・・・。


「ごめん、そんなこともあったっけ?」

「え!?なに、おまえ、忘れちゃったの?!
 あれだけ俺が会う度にお前の欲求に尽くしてやったのに・・・!?」


いや、だってもう過ぎた話だし
男としては「いっぱいイかしてやった」みたいのが自分の自信とか勲章になるのかもしれないけど、
女としては別にソレ覚えてたところで誰に自慢するもんでもないしさ・・。
結局、過ぎれば終わる話なんだよね。


「大体さ、イッた、って言ったって、嘘ってゆーか演技の場合もあるしね、女の場合はさ。
 多分私、そのとき実際には17回もイッてないと思うよ。」

「ハ!?」

「大体、二割くらいの確率で嘘だから、私の場合は。他の人は知らないけど。」

「・・・!!」

「だいたいさ、イクのだって体力使うんだよ。
 気持ちもあるけどさ、何回もイクのに必要なのは体力なんだよね。
 いくら私だってそんだけやれば二回や三回はイクふりくらいしてるよ。
 それに17回のうち、もし3回イクふりをしてたとしても14回は本当にイッてるわけだよ、
 それだってすごいじゃん。」



「・・・いや、フリをしているようには見えなかった!」



「・・・まあ、信じたくない気持ちはわかるけどさ。
 イクふりは私の場合、特別なことではなく
 朝ご飯に納豆を食べるのと同じくらい自然で当たり前のことなので、
 多分あなたと付き合ってた数年間で何百回とイクふりはしてると思うよ。」


「・・・っていうか、なんでイクふりとかするわけ?
 気持ちよく無いなら気持ちよく無いって言えばいいじゃないか。」


「いや、気持ちいいんだよ。
 だけど、体力とか気力の関係で頂点までいける時といけない時があるんだよね。
 ちょっとの差なの。だからイクふりしてもいいかなと思うわけで。
 だいたいさ、男も女がイッたかどうかで興奮するかしないか決まる部分もあるじゃん。
 女がイク瞬間って嬉しいし興奮するでしょ。
 だから、演技してあげてもいいかなって思うんだよね。善意の嘘だよ。
 それで二人の営みが気持ちよく形作られるわけだよ。
 『サンタクロースはいるんだよ。』って親が子につく嘘と同じようなもんだって。」


「・・・たしかにおまえは、イッてるわりには顔がしらけてることがあったな。」


「え?いや、しらけてるようだったなら多分それはホントにイッてるよ。
 それは素の私だから。どっちかってゆーと、
 いかにもみたいな感じですっごい感じてるふうでイッてる時の方が演技の確率が高いね。
 だけどさ、ヘタなAVみたいないかにもな演技じゃないよ。
 こちとら女歴長いからね、自分がイク時どうゆう感じかもわかってるしさ。
 単にその再現だし。超ナチュラルな演技だよ。
 自分でもイッてるって勘違いしちゃうくらいのね。ハハ!

で、勘違いしてホントにそれでイッちゃうこともあるしね。
なんなんでしょうね、いったいコレ。
もう嘘とかホントとかどうでもいいっていうか。


「・・・だけどさ、こういうのもあれだけど、
 俺も今までお前も含めて少なく無い数の女とやってるわけだけど、
 一度もこいつ演技してんな、って思ったことないんだよね・・・。」


「ああ、まあ、そうだろうね。実際、私が演技してんのもわかんなかったわけだし。
 試しに今度別の女に聞いてみなよ。イッたふりしたことある?って。
 あ、でも、自分とヤッたことがある女に聞いちゃダメだよ!
 九割五分で「無い」って言うに決まってるから。
 あとさ、関係あるかわかんないけど、よく
 『男は嘘をつくとき相手から目を逸らすけど、女は相手をじっと見つめて嘘をつく』
 っていうじゃん。
   女の嘘の付き方が巧妙ってことじゃなくてさ、
   男は女の嘘の付き方を実感として、生理的にわからないんじゃないかと思うんだよね。
   だから、女の嘘は見破れないと思うんだよ。」

あと、こういっちゃなんだけど、
女は嘘とホントが時に一緒になっちゃう感じがするんだよね。
嘘なんだけど、それを口にしてる時はホントの気がしちゃってたりとかさ。
私だけかもしれないけど、嘘はホントなんだよ。刹那的にね。



「フェラチオ嫌いなお前にフェラチオ徹底的にしこんでやったのはこの俺だぞ?」

「ハハ!私と付き合った男はみんなそう思ってるよ。」

「・・・!!」

だから、善意の演出なんですってば。
二人の時間を楽しむためのさ。

「別に嘘だっていいじゃん。お互い気持ちよかったんだから。」

もし男が、女をイカせることで支配欲を満たしていて、
それが男の自尊心に大きく関わり根本的にセックスをする目的だったとしても、
それは女にはどうでもいいこと。

もし女が、自分の自己愛を満たすために男に甘え、
愛という名の奉仕を期待していたとしても、
それは実のところきっと男には理解できない。

男も女も、きっとそれぞれ自分勝手な愛を追っかけている。
「愛」という言葉で、しらず無意識に何かを曖昧にしながら。

そうやって、きっとどこかに少しでも嘘がなければ、共有できないものもある。



「言っとくけど俺は、昔からお前にも嘘は何も言っていないぞ。」

「うん、そうかもね。」


ホントに馬鹿みたいに正直だからね、この男。
正直に言われたこの男の言葉に、どれだけ当時傷つけられたかって話だよ。


「私は、嘘はつくけどね。」


自分には絶対、つかないけどね。











 






















2014/04/21

手枷


「趣味はなんですか?」


と訊かれたら


「首輪と手枷づくりです!」


・・・と言えるくらい、ここ二週間ほど夢中で首輪&手枷作りをしていました。

なんか、しっくりくるんだよね。
首輪と手枷って。

思えば、私がSMにはじめて触れた美術学校の西洋版画史の授業の時も、
装着されたのは縄ではなく手錠でした。
生まれて初めて自分の両手に手錠を着けられた時の奇妙な安堵感は、
十年以上経った今でも不思議と忘れることがありません。

っていうか、なんとなくたま〜に思いだすだけだけど。

まあ、そんなわけでなんとなく手枷というものに愛着があるんですよね。

一時期は縄の縛る方に凝ろうとしたこともありましたが、
なんでか夢中になれなかったんだよね。

なんてゆーか緊縛の世界って、変に精神的で
エロの世界に「美」とかなんとか持ち込む人が多くてなんかちょっと面倒くさくてね・・
エロを美しさとか宗教とかに結びつけて耽美的に、
精神的に語りだすとなんかそれはもう、不健康極まりないっていうか
それって詰まるところ結局はオナニーなんじゃないの?みたいな
酔っぱらいが酒飲みながらクダまくのと同じように本人以外にはどーでもいいもんなんですよ。

私的にはですけど。

よく、日本のSMはヨーロッパやアメリカのSMと違って情緒とか
精神的な支配・服従を重要視するとかいうけど、そういうせいもあるのかもね。
わかんないけどね。

まあ、そんなわけで最近は健康的に革で三つ目の首輪と手枷を作っていました。
段々、幅とか構造とか形も決まってきて、そこそこちゃんとしたのができてきたよ。

前回、左手用の手枷を二つ作るという初歩的なミスを犯してしまったので
今回はそんな失敗はしないように気をつけて


・・・いたのですが何故!!

またやってしまいました。

今度は右腕二つ・・・!!

悔しかったので失敗に気付いたところからデザインを変え
左右で微妙にデザインの違う手枷を作り上げました。

反転作業がどうしても苦手な私。

それにしてもバカすぎる私・・・!!







鎖の途中の輪っかには手枷の金具を引っ掛けられ、
さらにその先に続く鎖は相手に託すなりどっかに引っ掛けるなり。
こういう使い方を考えながら作れるのも楽しさのひとつなり。

まさか去年の今頃始めたレザークラフトがこんなところで役立つとはまさに予想外。

前回今回と渋めに作りましたが、
次回は金の金具でちょっとキラキラめに作りたいと思います。



































2014/04/10

はずれない話



プレイ中に先日、自作した拘束具のホックがはずれました。

あ、SMの話ですけど。

たしかに私が作ったヤツは簡易版拘束具っていうか
留め具がパチンっていうホック式のやつなんですけど
もともと取り外しはしやすいように作りたかったんで、
まあ、ある程度着けやすく、はずれやすい分にはまあOKなんですが

・・・イヤしかしプレイ中にはずれちゃあダメだろ。

はずれたのは片方の手枷なんですが、
まあなんとなくはずれた手枷っていうのも責めのハードさを匂わせて
被虐感をそそるっていうか
っていうか考えようによってはやり過ぎ防止にもなるし。
その時はまあいいかなって感じだったんですが

・・・イヤイヤイヤやっぱりそれはナシでしょ。

大体、自分の作った手枷が予想外のはずれ方をしたんで、
ちょっと面食らったんですよ。

同じく自作の首輪と手枷はチェーンで繋がっているんですが、
腕の動きで手枷のホックに予想外の負荷がかかったってわけなんですよね。
まあ、ホックの耐えられる負荷なんて大したこと無いだろうというのは
初めからわかっていたことなんですが、
それも負荷のかかる向きの問題であろうと初めは思っていたんです。
まあ、所詮は素人考えだったという話なんですけど。

そういうわけで、やっぱり作り直すことにしたんです。

やっぱり、そこそこ自分でも納得いくものを作りたいし。
正直、自分が使うならこのくらい簡単にはずれても何の問題もないんだけど
なんか・・・
作り手としてアウトな気がする!
別に私、拘束具の作り手とかじゃないんだけど。


「ていうか、おまえさ、首輪と手枷はもういいから、今度は別の道具つくれば。」

って、SM調教師の加賀さんはいうんですけど

「え? じゃあ、なにを」

「ホラ、小型の鞭っぽいヤツでさ、柄の方を木でこう、張り型っぽく彫って
 突っ込めるようにして、まわりを革で貼るんだよ。」

「あ〜〜・・・・・(興味ない)」

「革の色はワインレッドでな。」

「う〜〜〜ん・・・(興味ない)」


・・・いやワインレッドは好きだけど、
とりあえず私は今、ちゃんとした首輪と手枷が作りたいんですよ。


「だっておまえ、彫刻刀とか持ってるじゃん。」


・・・た、たしかに彫るのは好きだけど・・・!!(もと木版画科)


とりあえず、まずは首輪と手枷なんです。

翌日、すぐに浅草橋に部品を物色しに走り、
とりあえず今の自分に可能な限りで作ってみました。

簡易版じゃない首輪と手枷。




ホラ!!

意外とちゃんとできたよ!!


選んだ革がちょっと柔らかすぎたかなーというのはあるんですが
まあ、構造的にはまずOKかと。
しかし、こういうベルト状だと自分で取り外しができないのが、
私的にはダメなんだが・・
まあ、拘束具だから仕方ないかねえ。

基本、なんでもシンプルスタンダードが好みなので
今回はそんな感じで作ってみたけど
これ、金具の付け方とかちょっと遊んでみたらもっと楽しいかもな。
今回の金具もゴキブリの背中のように黒光りしてて結構好きではあるんだけど。
今度はもうちょっとデザインとかも変えて作ってみたいな。

まあ、とりあえず一通り完成してよかった!!




・・・・って喜んで、

自分で試し付けしてみて気付いたんです。



・・・手枷、左腕用をふたつ、作っていたことに。




再び失敗の巻。