2014/12/05

身体


二十代のころは「自分の身体」はどんなに虐げても黙ってついてくる、
奴隷のようなもんだと思っておりました。

一体いつから私の「身体」と「精神」の主従関係は逆転してしまったのでしょう。
前回はポテトチップスが、煙草がどうのとアンチ健康志向的なことを書きましたが、
決して私は自分の健康を考えていないわけではないのですよ。

てゆーか、私は明らかに自分の「身体」のご機嫌を伺いながら
日々を生きていますから。


先日、初めて真夜中に救急車を呼んでしまいました。

・・・ていうかスミマセン。

今思えばそんなに救急じゃないのに呼んでしまいました。
なんかさ、最近タクシー替わりに救急車呼ぶような不届き者がいたりするんでしょ?
勿論私だってそんなつもりは毛頭ないんですけど、
予想外の自分の状況にその時は軽いパニックを起こしてたようです。

今まで経験したことの無い唐突で暴力的な目眩と吐き気に襲われたのが
およそ午前0時。
途切れること無い強烈な吐き気に二時間ほど身悶えたところで、
このままでは自分の生理機能すら自分で管理できなくなってしまうような恐怖に襲われ、
救急で病院に行ってきました。

別に何か悪いものを食べたわけでもなく、
持病があるでもなく、
てゆーか、フツー、食中毒とかだったらさ、
とりあえず一回胃の中のものだしたら少し楽になったりするじゃない。
繰り返し繰り返し強い吐き気が何時間も波のように打ち付けてきて、
後頭部にある「吐き気スイッチ」みたいなのを一回押されたらもう
とまらないのよ、ッて感じでホントにもうキツかったです。

「とりあえず頭のCTと血液検査しましょう。」

ということでなんとか吐き気をこらえながらCTを撮り、
左腕から血を抜かれ、
目眩と吐き気の原因もわからぬまま、目眩止めの薬を点滴。

・・・いや、ホントは私的には原因はなんとなくアレのような気がするんですけどね。

医者にも救急隊員にもこの申告は無視されましたが、
丁度前日に耳鼻科で処方された、クラリスロマイシンという抗生物質。
その副作用じゃないかと思うんですよね。

クラリスなんてカワイイ名前のわりに重厚感のある粒のでかさと金のパッケージで
なかなか強そうなやつだなあ、と思いながら薬剤師さんから受け取ったんですけどね。

前日の、最初の服用の直後に、身体にズシっと重い感じがきたんです。
で、その少しあとに激しくお腹を壊したので
「これは・・・・強い薬だなあ。」
と思ったんです。
というのも、以前にも一度抗生物質で下痢と吐き気に襲われたことがあったもんで、
その時の唐突な感じとなんか似てたんですよね。

医者的には服用から既に時間が経過していたということもあって
そのセンは無いとの見解でしたが
とはいったってそんなの体質とかきっかけとか個人差とかあるわけだから
一概には言えないじゃないね、というのは私の思うところなんですが。

それにしても、強い継続的な吐き気ってホントに辛い。

なんつーか絶えず殴られ続けてるような感じだなって思った。
いや、別に痛くはないんだけど、
継続的な強い緊張感とか恐怖感とか唐突な衝撃とか
そういうものに耐え続けることの凄まじい疲労感とか。

辛すぎて吐きながら泣いてたら、
看護士さんに「ほら、泣いても良くならないでしょ。」と言われたので
「てゆーか、泣かなくても良くならないんで、だったら泣いた方が気が紛れて一瞬だけど楽なんで・・・!」
ってことで泣きながら吐かせて頂きました。


結局吐き気は翌日の午前9時まで続きましたが、
もしあと丸一日でも続いてたら、死にたくなるんじゃないかと思ったよ。

ほんの一晩の出来事でしたが、
朝には力んだ身体中が筋肉痛で、腕は内出血してるし、
もともと乾燥気味の肌は軽石のように変質してるしで
もうボロ雑巾のようでした。


で、夜中にげろげろ胃液吐きながら考えてたんですが、

きっと、人が耐えられる苦痛なんてたかがしれてるんだろうなあ、と。

昔、抗がん剤の治療を受けていた末期ガンの知人が、
副作用の吐き気が辛い、といって途中で治療をやめて死に支度を始めたことがあったんですよ。
家族からは「なぜ諦めるのか」と泣かれたらしいが、
彼女は「もうこれ以上は頑張れない」と言ったという。

今なら私も彼女の気持ちが少しだけど、想像できるわ。

気持ちよりも何よりも、身体が辛い、痛いというのはなによりキツいね。
いやもう、圧倒的だね。
以前に吐き気付きのひどい片頭痛でもそう思ったことがあったけど、
私、あんなに強い吐き気だったら三日が限度だと思うわ。
しかも、それがいつ終わるかもわかんなかったらきっと、
精神的にもおかしくなる気がする。

あたりまえのことなんだけど、
どんなに痛くて辛くても自分の身体の痛みは確実に自分の身体の中にあって、
他の誰が変わってくれるもんでもない。

なんかもうそれが致命的に辛いのよね。




いや、

こんな風に身体が辛いのはもうホントに勘弁ですわ・・・。

頼むからこういう苦痛とは無縁で生きていきたい。

まあ、誰しもがそうでしょうけど。


だけどなんかさー、
自分が肉体持って生きてるってことは、
これ以上に様々な肉体的な苦痛を感じる可能性があるんだなって思ったらなんか・・

背筋がうすら寒くなりましたよ。


ああなんか・・・


生きてるって、


怖い。