2015/08/30

双頭


前から、蛇のモチーフって描いてみたかったんで
「蛇描いてもいいですか!?」
って今回のヌードメヘンディのモデルを引き受けてくれた敦子さんに訊いてみたら

「蛇もいいけど、コブラはどうかな!?」

・・・って提案仕返されてちょっとビビりました。

・・・コブラって、キングコブラでしょ・・・?

それってどうなの?

・・・アリなの・・・!?

って思いながら結局、いくつか下絵を描いてみたんですが
イマイチ私的にコブラはしっくりこなかったんで
本日、この敦子さんの身体に巻き付くことになったのは双頭の蛇となりました。

蛇っておもしろいよね。

ある国では神様として崇められて
時に邪悪なものの化身と言われて
男性器の象徴やセックスのシンボルとも言われるよね。
聖書でイブを誘惑したのも蛇。

脚が二本の人間に対して、
脚が多いものと逆に少ないものは人間には嫌われるという説があるけれど
そんな理由で恐れられたり崇められたりしてたんだろうね。

数日前、敦子さんからのメール。


「ねえねえ、ヌードメヘンディの時さ!アフロヘアーでもいいかな!?」


・・・!!!


・・・アフロ・・・!?


・・・なんなの、この人はいつも私の想定の斜め上を・・・!!


い、いや、

別にいいんですけど・・・!


・・・・あ


「・・・敦子さんがいいと思うならなんでもいいです・・・!!」


・・・というわけでこんな感じになりました。

ちなみにこの日描いた蛇は、
双頭とはいっても別に胴体がひとつなわけではなく、
かといって二匹の蛇が絡みついてるわけでもなく
一体、頭がどこに設置されているかも不明です。

まったくツジツマも顛末もありません。

・・・いやなんか、そういうことにこだわってる余裕とかなかったもんで。

パッと見た時に見栄えがよければいいかなあと。
ツジツマとかストーリー性とかって息苦しいからあんまりスキじゃないんだ。


『ツジツマを合わせようとしてはいけない。
 ツジツマを合わせようとするから、人は悩んで苦しむのだから。』

(by とある心療内科医)


いや、別にあとになって思い出したんですけどね。

なんか含蓄ありそうでしょ。笑




2015/08/14

ヘナと女体

photo : maeda natsuko
なんで、女の人のヌードにメヘンディ描こうって思ったんですか?」

と、先日のモデルさんに話の合間で訊かれたんですけど

とりあえずヘナやってようが版画やってようが油絵描いてようが
結局は行き着くとこは女体って感じがするんですよね。
・・・って言う人って結構多いと思うんですよね。

みんながスキな女体は私も大好きってことなのです。


***


私は、塗り重ねていく塗料よりも
支持体に食い込み浸透していく染料が好き。

鉱物よりもやわらかく人に近い、植物由来のものが好き。

支持体は木や紙も心地いいけど、
それよりも気持ちがいいのは人の生肌。

男よりも女がいい。
だって自分が女だから。

私がヘナで女体に描くのが楽しいのは
女同士で分かち合える気がするから。

ちゃんと知ってるのに、たまに見失いそうになること。

自分の身体がただ美しく、誇らしいってことを。