2015/06/17

リアリズム

photo : 高田一樹
今年に入って二度、写真家の高田一樹さんにメヘンディの撮影をして頂いた。

あたりまえのことだけど、同じメヘンディを描いても写真を撮る人が変わると作品のイメージが全く変わる。

高田さんとの御縁は知人の紹介という最初はお互いの作品も知らないままの全くの偶然であったけども、
私としては本当に自分の感覚にしっくりくる写真を撮って頂いて、とても嬉しかった。


photo : 高田一樹
高田さんは、自身の妄想や予め持っているイメージに被写体を落とし込むという感じでは無く、
最大限、被写体であるその時の私たちの実在を大事にしてくれているような感じがした。
写真に対してなのか、被写体に対してなのかわからないけど
押しつけがましくない謙虚さのようなものも感じた。

これが適当な言い方かどうかはわからないけれど、
その感覚が、とても私にはしっくりきたし嬉しかった。

実在する私たちは誰かの妄想するストーリーの中に生きているわけでは決して無いし、
向かい合う一瞬一瞬がいつだって不確定で、貴方次第で私次第。

貴方の頭の中に描いている今日の物語があったとしても
それは私のちいさな一言でぶち壊れるかもしれないし
一瞬先の私も貴方も、それはいつでも不確定。
人がふたり向き合ったら、それは本当に普通のこと。

「私は貴方の頭の中にいるんじゃくて、貴方の眼の前にいるの。」

そんなことを、そういえばSMとかをやってた時に思っていたな、とふと思い出した。

私には実在する肉体があるから
私の思考と意志で動いているから
一瞬先に私が何を言うかは、貴方にはわからない。

貴方の描くストーリーも想定する私の像も
そんなのは現実の私とは無関係なの。

本当は貴方は私のことなんてなにも解らない。
私があなたを解らないのと同じように。

一瞬一瞬の私を、
ちゃんとその肉眼で見ていてくれないと、
私が次に、どちらの足を踏み出すかすら、貴方にはわからない。

わからないことの、その一瞬の積み重ねが、
私にとっての現実感。
私がとても、好きなもの。



photo : 高田一樹


いまここに、こうやって私は生きているのに、
ほかにあなたはわたしのなにを見たいというの?