2012/11/26

錯覚

Santorini


テレビでイヌイットの狩りを見てから、

彼らが食べていたアザラシの内臓を私も食べてみたくて仕方が無い。

白い氷の大地の上で、
イヌイットの男性が自ら撃ってしとめた直後のアザラシの白い腹をナイフで縦に裂き
「ここが一番美味しいんだ」
と小さな赤い内臓のかけらを指で摘み出し、そのまま口に放り込んでいた。

まだ温かい血の味が、
テレビの前の私の口の中にも広がるような、そんな錯覚があった。

「アザラシはともかくさ、イードっていうイスラムのお祭りの時に
 パキスタン人のとこにいくと日本でもヤギとか屠ってるから、
 解体後の肉をその場で食べられるよ。」

そう言う彼女は名古屋の友人、ケーコさん。

えっ そうなんですか?

日本では解体業者以外は屠殺NGだと思ってました。
狩ったアザラシと家畜のヤギだとちょっと感じは違いますけど、
それはそれで興味はあるなあ。

「そのヤギって、ナマ食OK?」

「パキスタンで見た時は、切り出された肉や内臓を女性たちがその場で切り分けながら
 時々ナマのままでつまみ食いしてたから、ナマでも別にいいんじゃない?
 日本では、さすがに一家に一頭、ってわけにはいかないけど
 たいてい地域のパキスタン人が集まって屠ってるよ。」


し、知らなかった・・・。


なんだかとりあえずカナダとかグリーンランドとかにイヌイット目がけて飛ぶ前に
日本でイスラム文化を堪能するのも悪く無いような気がしてきた。
とりあえず解体直後の生肉にもお目にかかれるようだし。

しかし 友よ・・・

アナタは確かご主人がインドだかパキスタンの方だから
そのような方々が周りにいらっしゃるのだと思うのだが、
私のような一般の日本人にはなかなかパキスタンの方との交流はないのですよ。
まずはどこでパキスタン人と巡り会えるのかというのが最初の課題ですね。

「東京ジャーミィとかで訊いたら、わかるかもね。」

・・・東京ジャーミィ?

インターネットで検索したら「トルコ文化センター」のHPが出てきました。
あ、代々木上原にあるんだ。
てゆーか、名古屋在住のあなたがなぜそこまで知っている?

「あ、それとね、牛やヤギは最初に首を切るんだけど、
 家の男がやってくれることもあれば屠殺専門の人を呼ぶ事もあるんだよね。」

へ、へえ〜〜。
それはパキスタンの話ですか?
実はこの会話、ツイッター上でしていたものなので
詳細はところどころ不明瞭であり不明です。

「でさ、私は屠殺専門の人が回ってくるのを見た事があるけど、
 何軒も回ってくるのでその専門の人の服は血まみれだし、
 首に刃を入れる前に二つのでかい曲刃みたいなのをショインショインと
 ハイスピードで擦り合せたりしてて、
 なんか北斗の拳に出てきた拳王親衛隊を思い起こさせたよ。」


・・・



・・・ショインショイン。


なんだか最初の、
アザラシの内臓からしたたる血の味への欲求はもとより
今はこの聴いた事も無いショインショイン・・の音も妙に私の脳みそに残る。

食べた事の無いアザラシの血の味の錯覚と、
聴いた事も無い屠殺業者の曲刃の音。

実際には知らない、 錯覚したものを求めるっていうのも、へんな話だよな。

アザラシの血が本当はどんな味がするかなんて、

わからないのにね。