2012/05/18

これさえあれば


バリ島で、白飯に合うおかずを毎食食べるという極上のしあわせを知ってしまったので


日本に帰ってからもひたすら考えていました。


はたして日本の白飯に合うおかずとはなんだろか?


日本の白飯はふわふわ柔らかくて甘いですからね。
バリのおかずのようにビシッと強い味だとなんかちょっと合わないんですよね。


「ゴハンに合うおかず」としていつも上位にあがる明太子なんかもいいんですけど
明太子やタラコの苦みが白飯の甘みを楽しむという点においては邪魔な気がするので
個人的にはそこまで上位じゃないんだよなあ。好きなんだけど。


鯵の干物も好きだけど、
あれは白米より玄米のほうが合う気がする。


キムチもいいよね。


海苔の佃煮とか納豆とか。


秋刀魚の塩焼き。


あっ あと忘れちゃいけないのは豚肉。
とくに生姜焼きとか。
豚肉の脂の味と香りは日本の白飯に凄く合いますよね。
豚肉、大好きです。


しかし、豚肉もいいけれど、やはり水の綺麗な国のお米で炊いた白飯には
程よい塩気と、その食物の自然の甘みを感じられるくらいの
すっきりした旨味の食べ物がベストマッチだと思うんです。


日本は類い稀なる豊かな自然を持つ国ですから、
自然の旨味を味わい尽くすために雑味を削ぎ落としてくという美意識がありますよね。


プラスプラスの足し算で味のハーモニーを楽しむフランス料理と違って
いかに削ぎ落とすことでそのままの素材の味を楽しむかという日本の食文化の中で進化を続けた、
この日本の白米にあう、食べ物。






わたし 思ったんですけど。






やっぱり一番は漬け物ですよね?




しかも、白菜!




あと、芥子菜!!




京菜も高菜もゴハンに合う!!




発酵食品特有の旨味がたまんないんですよね。
しかもなんであんなに米に合う香りなんだろう。


最近は漬け物と白飯さえあればゴハン二杯くらいは軽くいけるようになってしまいました。
漬け物が二種類あれば、他におかずなんていらないです。
味噌汁もいらない(もともとあんまり飲まないし)


最近、漬け物が食べたいとことあるごとに騒いでたら、
母が今朝、はい、とこんなものをくれました。






「ぬか床 一夜漬け」


たしかに以前、ぬか床が欲しいと言った事はありましたが
それはあくまで自分が毎日おいしい漬け物をいっぱい食べたいということであって
決してこういうものを自らやりたいということではなかったのですが。
もしくは 誰かやってくれ、ということだったのですが。


だって、ぬか床って、育てなきゃいけないんでしょ?
死なせないように世話しなきゃいけないんでしょ?


無理だよ!!


私 植物すら面倒見れないのに!!


「私も美味しい漬け物をこれから毎日食べたいから、ナツコ、あんた、頑張ってね。」


・・・


仕方ないから、託されたからには頑張ってみようかな と


さっき、手始めにキュウリを二本漬けてみました。


これからは我が家の漬け物は私が仕切ります。


なんか、意外とわくわくしてきたぞ。