2012/03/27

後悔


「馬鹿、俺が知る限り、タトゥーいれて後悔しなかった女なんか、一人もいないぞ。」

最近仲良くさせて頂いているSMの緊縛師の加賀さんに、
私が先月 腰にタトゥーをいれた旨を伝えたらこんな風に返されました。

「後悔」かあ。

てゆーか、後悔って、どういう時にするんですかね?

「あのとき、ああしとけばよかった。」とか
「あんなことしなきゃよかった。」とか
「こっちじゃなくてあっちにしとけばよかった。」とか

結局はかつて自分が下した判断や選択が間違っていたことだと認めて、
後になって悔いるってことですよね。

ってゆーことは、後悔しないための最善策というのは、後々の自分の考え方の変化や
状況の変化をできる限り考えて、想像して、それに不都合になることはしない、
もしくはできることをする、そういうことですよね。
後で考えても、「あの判断は正しかった」と思える判断を常にできるよう、心がけるってことですよね。

だけどさ〜。

そんなこと、ホントにできる?

後悔しないように、と考えれば考えるほど、今の自分が想像する未来なんて、
所詮は今の自分が考える未来に過ぎないと思ってしまうだけなんですよね。
まあこれは、あくまでタトゥーくらいのちっちゃな後悔の話ですよ。
世の中には私には想像できないくらいのでっかい後悔があるのかもしれないとも思うから。

で、「後悔」というのは文字通り後で悔いるということで、
時間の流れという要素が「後悔」においては不可欠だと思うのですが、
だけど、時間と共に流れ変わって行くのは自分自身だって同じだと思うんです。
今の自分の感性を信じられずに、なにゆえにまだ見ぬ未来の自分をそれほど信頼できるのですか?

一年後に、十年後に、自分が何を考えてるのかなんて、わからない。

二十年後に、自分がどんな風に生きているのかなんて、結局はわからない。

わからないこそ、今は控えめに、というのもありますが、
今の自分との兼ね合いが結局は問題なんですよね。

その行動に、誰かの命がかかってたり、
大きなお金が動くものだったとしたらまた話は違う気もするのですが、
タトゥーとか自分の身体ひとつ程度のことで、後悔も何もあるんですかね?

まあ、日本の刺青文化の中での話でもありますし、
特に女性の身体というのはその身ひとつで食べて生きていく糧になり得るものでもあり、
女性本人にとってもその肌ひとつがその命と同等の価値を持っていたりするものでもありますから、
その緊縛師Sさんの言葉にも一理あるといえばあるんですけどね。

正直、私も、タトゥーを入れた時は、
もうこれで自分の身体は売り物にはならないなと思いましたよ。
勿論、売った事ないですけどね。
そういう価値は無くなるな、とは思ったんですよ。
でもそれはあくまで不特定多数の男に対する自分の女としての価値という話であって、
自分が自分として関わって行く男たちとの関係性とはまた別の話ですよね。

ちょっと話が飛びましたが、
結局、私が思う後悔しない最善策、というのは、当たり前のことですが
自分がその時その時をその時の精一杯で生きている、ということを自分でちゃんと認める、
それに尽きる気がするんです。

その時に自分が何を感じたか、どうしたかったか、それゆえにどう、行動したか。

本気で考えたことなら、その時の気持ちはずっと身体が覚えてる。
それを、大事にしてあげるということ。

自分の人生を、手を抜いて生きてる人なんていないと思うんですよね。

自分がその時の精一杯で生きた記憶は、時間が経っても、身体が絶対に否定しない。
他人がそれを認めてくれるかどうかという事ではなくて
自分がそういう自分を否定しないと思うんです。

考え方や感じ方が、生涯変わらない人の方が、珍しいと思うんですよ。
「昔はあんな風に思ってたな〜。」の、連続ですよね。
それでいいじゃないですか。

その時々の選択の正しさがその人の人生を作るわけじゃないと思うんです。
その選択をしたその人の生き様が、その人間をつくるんですよね。


まあ だから、精一杯で生きてるってことをちゃんと自分で認めてあげないと、
後悔ってそこらへんを苗床にして成長するんじゃないでしょうか。


後悔しないように、その時その時の自分の気持ちに最大限の敬意を示そうと。

たとえば、タトゥーを入れたら、やっとこの身体が他のどの男のためのものでもなく、
自分のものだと思えるようになったということ。

消費され続ける女としての自分の身体に、
男の愛情ではなく自分自身の愛を注げるような気がしてきているということ。

ホント、こんなちっちゃなことで後悔なんかしてるほど、
人生って長く無いと思うよ。