2012/03/25


物欲の春!!

財布を新調しました。

いつもお洒落な友人が、学生時代から「印伝」の小物を持っていたので気になってはいたのですが・・・。

印伝の財布、このたび買ってしまいました。
鹿革に漆!・・・かっこいい。
この皮、使ってくほどに、マシュマロみたいにふわふわになるんですよ。
ぜひそこまで使い続けてみたいものです。

この菊の柄、こんなに現代アート風なのに、古典柄なんですって。
いいデザインに、古典もモダンも無いですよね。ホントに。

ホントは格子柄や波の文様とかの、
もっといかにも古典柄の、サイズも小さな財布をさがしていたのですが
図らずともこの菊柄の長財布に一目惚れしてしまいました。

しかも、この長財布で一万五千円ですよ。
最近じゃ長財布なんてどこのブランドか、材料に何使ってんのかもわからないようなものが、
平気で三、四万くらいするじゃないですか。
あれ、どうにも腑に落ちないんですよね。

てゆーか、この財布に関しては一万五千円で利益がちゃんとでてるってことですよね。
印伝って日本の伝統工芸品というカテゴリーにいれて差し支えないと思うんですが、
ですよね?)そのカテゴリーで商売がちゃんと成り立ってるってすごくないですか?

「INDEN-YA」のHPもすごくお洒落でかっこいいんですよ。

なんかいいなあ、こういうの。

壊れたら修理もしてくれるっていうしさ。
友人いわく、かなりの安価で直してくれるそうですよ。
「修理に出すより新しいもの買った方が安いし・・・。」って考え方で成り立っている商売が
はびこる今の時代で、かっこいいですよね。
きっとちゃんとした職人さんがいるんだろうなあ。

やっぱ、なんでも国産が一番ですよ。

最近、そんなことを思います。