2012/02/11

大人の遊び part 2


                 恒例のビジョンマップ!

ビジョンマップとは雑誌などから自分の好きな写真や絵や言葉などを切り取って
コラージュの要領で紙に貼付けるという作業的には単純なものでありながら、


自分の潜在意識下の願望などを視覚化するというちょっとセラピー的な超楽しい大人の遊びです。

なぜか自分でもわからないのですが今回はすごくトーテムポールが貼りたくて・・・。
実際トーテムポールは貼ったのですが、出来上がった作品を見てみたら
中央に一直線にトーテムポールも含めて顔のようなものが並んでいる、という
それ自体がトーテムポールのような奇妙な作品ができあがりました。
一体 トーテムポールってなんなんだ?
と 思ってトーテムポールをネットで調べてみたら、画面に並ぶ大量のトーテムポールの
画像が怖すぎて、それ以上調べられませんでした・・・。

そして、今回も他の友人たちのビジョンマップを勝手に紹介!


私の美術学校時代からの友人の作品です。
この友人、学生時代は渋派手な和柄を粋に着こなし、
酒とジャズを愛するヤクザな女でした。
今でもその片鱗が右端の五重塔を遮る龍のような松明に垣間見えます。
中央の朱の盆も含めて、静かだけど情熱的ですよね。ちょっと怖い。
こういう情熱って突き詰めると、
もうちょっと重い「情念」とか「死」に向かって行くような。
まあ、単純にアーティストとしての彼女の世界観の問題だと思いますが、
五重塔の下のふたりの男女もほのぼのってゆーより・・・
だって崖っぷちだし!「新しい旅に」ってどこに!?
ずっとこの作品をしげしげ眺めていたら、ちょっと私は、ゾクリとしました。



次は、春に出産を控えた妊婦さんの作品です。
この方の今までの作品にずっと漂っていた「非現実感」がホントに綺麗に抜けたなあ。
という感じがしました。あと、ホントに勝手な印象ですが、
すごく「いま、ここ」な感じがして、
無理な願望とかが無くて、ナチュラルだなあ。と。
おかあさんになるって、そういうことなのかもね。


毎回楽しみにしているこのビジョンマップ作りですが、
私にとって、このビジョンマップは、その名のごとく私が進むべき道の「地図」です。
言葉にならないものが、たくさんそこに詰まってる。

毎回、企画して頂いている西八王子のサロン「komolebi」の豊田さん、
今回もありがとうございました!