2012/01/12

自然回帰



ごめん!!これから大河ドラマの『平清盛』観るから、私、帰るね!」



この間の日曜日、そういう理由で早々に帰宅しました。

いえ、そうは言ってもね・・・
実際の私を知っている方はご存知の通り、私って全然普段テレビって観ないんですよ。
観てもせいぜい、朝のNHKのニュースくらいです。

「マエダさんって、どんな話題でもお客さんと話せるのに、テレビの話題だけは全然ダメですよね。」


・・って、マッサージ師として勤めていた時に同僚に鼻で笑われたくらい、
ホントにテレビ番組のことってわかんないんですよ。
まあ、言ってみれば、それだけ普段、家にいないってことでもあるんですけどね。
高校生の時から、家には寝るためだけに帰る、ひどい時は寝にも帰らず、
自宅の部屋がただの荷物置き場になっていた時もありました。
そんな私に、それこそこちらの都合なんておかまい無しにあらかじめ放送時間の決まっているテレビ番組を
観る可能性なんて、ほぼ皆無なんですよ。

それじゃあ、そんな私がなぜ、テレビを観るためにわざわざ早く帰って来たかといいますとね、




『テレビを観るために、その時間に家に帰る』




・・・という事を、してみたかった、その一言に尽きます。


なぜかって?


なぜかって・・・だって、なんだかおもしろいじゃないですか。


毎日、仕事後にも休日にもたとえ朝まででも好きに遊びにいけるこの年齢になって、
「テレビを観るために、家に帰る」んですよ。


しかも、その気になればテレビ番組くらい簡単に録画もできて、
それこそ画面の大きさを気にしなければ、ワンセグでだってどこでも地デジ放送が見れる、そんな時代に、「テレビをみるために、家に帰る」んです。






録画もできる、だけど、あえて、しない。


あえて、私が都合をつけて、家に帰る。


なんだろう、この余裕・・・。


あえて不便を楽しむ、この余裕!!






これこそ、スローライフですよ。
ロハスですよ。
エコですよ!




状況を自分に合わせようとするのではなく、自分が状況に合わせるんです!


自分に状況を合わせようとすると、どうしても「便利」を求めてしまうので、
その逆の「不便」を楽しむ、という価値観の転換を、今年は試みてみることにしました。


別に、スローライフが好きなわけじゃないんですよ。
価値観の転換が好きなだけです。


むしろ、ロハスとかエコとか最近の自然回帰現象も玄米もヨガもキライだし、
そういうもののあたかも最初から「イメージ」先攻の売り出し感がいまいち気に入らない部分があるので、
あえて自分なりの自然回帰を考えてみたら、一番しっくりくるのがコレだったんです。


いや、スローライフという言葉は嫌いだけど、
そういう「不便」を楽しむ、という状況にはちょっと興味があったんですよ。


だって、この資本主義経済国で生まれ育っていると、
「便利」が色んな進歩や経済的な利益を生むことを、
はなから身体に刷り込まれて生きて来ているわけですよね。


刷り込まれていることに疑問を持たずに生きて行くと、ろくな事がないんですよ。


「不便を楽しむ」ことを「自分を状況に合わせる」ことだと考えると、
意外といままで自分がどれほどそのときの状況のおもしろさを知らずに生きて来たかが、
わかるかもしれませんしね。


だって、図らずとも去年の大震災で、
この世界が人間の都合で回ってんじゃないって、思い知ったわけじゃないですか。


この地球での人間の立ち位置ってやつを、そろそろ考えてみてもいいんじゃないかと思うんですよ。


まあ、そんな大義は置いといて、
私の場合、テレビにしてもどれだけ続くかが問題なんですけどね。


だって、予告ほど『平清盛』おもしろくなかったしさ。


とりあえず、テレビ番組を知らないわりに、やってると思わず観ちゃう番組として
「プロフェッショナル」と「着信御礼!ケータイ大喜利」は観る事にしました。
こないだやってた坂本龍一の「音楽の学校」っておもしろかったけど、
またアレやんないのかなあ?


・・・てゆーか、これ、ぜんぶ NHKだ・・・。




これだけじゃなんか寂しいので、
おもしろい番組、なんかあったら教えてください。民放可。




あっ でも毎朝8時から15分間はメールとかもらっても返事できないから!


朝の連続テレビ小説「カーネーション」、夢中で観てるんで。