2011/08/23

女子力


私も女なので、例えば 肌のお手入れとか化粧とか体型維持には日々気を使ってますが、


だけどさ、しばらくの期間 たとえそれが自分にとってベストなケア方法だと思っていても、
同じケアをずっと続けてると、なんだか気持ちがダレてくるんですよ。
この化粧水・・確かに良かったんだけど、もうなんだか飽きてきちゃったな。肌も心も。
・・・みたいなね。で、なんだか やる気無くなっちゃうんですよね。
肌のお手入れしてる鏡の中の自分の顔が、無表情。
そんなんでいいのか?
よくないよ!!


やっぱり たまには 何かの刺激が必要なんです。


先日、高校時代の友人ミツカちゃんと新宿でお茶をしたときの話。


ミツカちゃんは大学卒業後、某貴金属店に入社し、持ち前の接客技術で入社当時から売り上げで記録を作り、
この春史上最年少での店長抜擢となり現在都内の有名百貨店内の店頭でジュエリーを売る、
そんなすごい女です。


高売り上げの接客技術とはいっても このミツカちゃん、
別に押しが強いわけでも強引なわけでも特別話術に長けているわけでもないんです。


だけど、なぜだか、彼女のつけている自社ブランドのジュエリーはすごく素敵にみえる。


ミツカちゃんがつけてるジュエリーって、なんだか見てると欲しくなってきちゃうんです。


まず、ジュエリーの選び方と付け方が、綺麗。
そして、それよりもなお、彼女自身が、綺麗なんです!


そんなミツカちゃんと新宿高島屋の cafe cova  でチョコレートケーキを食べながらの
「女」トーク。
エステで磨かれた彼女の身体は白くて細くて、人形みたい。
おそらくかなり高額の指輪がカラフルに光るミツカちゃんの細くて白い薬指。
爪には指輪に合わせたバラみたいな濃いピンク色が爪先だけにセンスよくキラキラしてます。


「その手のネイルってジェルネイル?かわいい・・。
 私も前は足だけジェルでやってたんだけど、お金もかかるしネイルサロンに行くの面倒だしで
 結局やめちゃったんだよね。ミツカはどこでやってるの?」


久しぶりにジェルネイルをみたら、艶がいいしやっぱり綺麗!
なんだか急に爪とか綺麗にしたくなってきたマエダ。
やっぱりなんか彼女といると何かが刺激されるようです。


「わたし、今 自分でジェルやってるんだよ〜!
 今ね、自分で自宅ネイルできるキットとかいっぱい売ってるから、それ買えば超簡単にできるんだよ!
 私が買ったキットもネットで一万円くらいだったし、やり方もすごい簡単だし!」


ああ、私が知らない間に世の中はそういうことになっていたんですね。


こう言っちゃなんですが指先不器用な彼女が「すごい簡単」と言うくらいですから
余程その「自宅ジェルネイル」は簡単なんでしょう。
価格もサロンに一回行けば元が取れちゃう程度の値段です。
彼女が買ったというそのお店を教えてもらって携帯にメモ。


「ね〜ね〜ナツコ、あとで一階の化粧品売り場見ていい?化粧水とか欲しくて。」


「いいけどミツカ、どこの買うの?なんか最近いいのある?」


「あのね、ポーラのBAってシリーズが超いいんだよ!!赤いヤツ!エイジングケア用なんだけど、
 超おすすめだから!!あっ そういえば私 サンプル持ってるから
 ナツコにあげるよ!ほらこれ!使ってみて!」


「アッ ありがとう・・。」


まるでポーラの販売部員がごとくポーラ化粧品のBAサンプルをくれるミツカちゃん・・


「あとね、ポーラの後にイブサンローランで香水見て、エスティローダーでフェイスパウダー見て、
  ルナソルのアイシャドウとチーク買って、パウダー予約して来ていい!?」






・・・ああ!!






なんでしょう、この・・・女子力!!


女子力って言葉嫌いだけど、他の言葉が見つからないんです!


買い物に付き合っているだけなのに、なんだか無性に楽しくなってくる!


もともと化粧品売り場って好きなんですが、キラキラ綺麗な女の子と一緒にまわると数倍楽しい!


最近 マエダの周りにはどちらかというとあまりコテコテ着飾ったり化粧に凝ったりしない
ナチュラル系の美女が多いので、なんだかこういういかにも「女子」な感じの彼女は
なんだかとってもいい刺激になりました。


そして、案の定というか、翌日、そんな突然の刺激に打ちのめされたマエダは、
ネットでジェルネイルのスターターキットを購入し、
仕事後に化粧品売り場で基礎化粧品とアイカラーとリップカラーを買い、
家に帰ってとりあえず夏のサンダルで傷みきった足下をこれも新しく手に入れた
マッサージソルトでケア!


そして、ミツカちゃんにサンプルでもらった、リフトアップ効果の高いポーラのBAを買おうか思案中・・。だってわたしももう31歳だしね。


たしかに 顔の筋肉のたるみは筋トレでどうにかなると思っていたが、
その上の皮膚のたるみは自分じゃどうにも厳しい気がする!
こんな時にこそ、人間の科学の力で、ちょっとだけ自然の力に逆らってみてもいいじゃないですか。


若くありたいとは思わない。
しかし、より美しくなっていきたいという欲求には忠実でありたい!




やっぱり女は「なすがまま」じゃ だめだ!!


「なすがまま」の対語を調べてみたら、
「なすがまま=運命」で、対語は「意志」だって!!






なんか素敵じゃないですか?