2011/08/08

夏の感慨にひたる

この間、このブログで書いた
「緊縛のM友、ゆうきちゃん」。


先日、ちょうど一年ぶりに会いました。


かれこれもう十年あまりの付き合いになりますが、
昔から、突飛で危なっかしく放っておいたら
ふらふらどこかに行っちゃいそうな私の手綱を
きっちり握って、律してくれる、そんな姉御肌な
友人、ゆうきちゃん。


この彼女の行き届いた面倒見の良さ・・
Mというよりは立派なSの素質だと思うのですが。


もし自分がMだったら、彼女に調教されたいくらいですよ。なんでしょうこの安心感。


彼女は以前から和服関係に造詣が深く、
今回は夏ということもあり、浴衣の話題に。


「浴衣って、一年に一回も着ないのに、なんでか欲しくなるんだよねえ。」


「最近のなっちゃんは、どんな柄が好きなの?」


「やっぱ古典柄!似合う似合わないを別にして考えるなら、渋い紺のとか。
 だけどさ、やっぱりそういうホントに良い浴衣って値段が高いから、
 さすがに年に一回とかだとなかなか手を出せないんだよね。」


「あ〜 そうだねえ。確かに。
 コレ!って思うのはやっぱり値段もするよ。
 あとさ、 なっちゃんは顔が派手だから、あんまり華やかなのだとちょっと
 バカっぽくなるかもしれないし、そう意味ではバランス考えて柄選びは慎重にね。」


ああ そうか・・・
毎度毎度 勉強になります。


「あっ そうだ」


突然 何かを思い出した様子の、ゆうきちゃん。


「あのさ、私 未使用の浴衣一着持ってるんだけど、良かったらソレあげようか?」




・・・ええ!!




なんというか、このゆうきちゃんはいつもこんな感じで気前が良いヤツなんです。




「それとも、私が縛られる時にいつも着てる浴衣で良ければ貸してあげようか?
 でも それ洗濯してないけどね。」




・・・!!


そそんな、滅相もございません。まあどうせそんな貴重なものを貸して頂けるのであれば綺麗に洗濯してあるものよりもそんな情事の痕跡が染み付いたそれの方がより感慨深くて情緒的でマエダ的にも嬉しいですけどね!でもまあ今回に関してはありがたく頂けるほうを頂戴しますので!




・・・ってかんじで、このグリーンの浴衣をもらってしまいました。
予想外の幸運! 前日の玉虫効果でしょうか?


それにしてもこのグリーンの浴衣、帯をどんな色で合わせるか迷いますよね?


「このグリーンは私的にいける気がするんだけど、帯って何を合わせたら良いんだろう?」


「そうだね、白かクリーム色かな。
 あとはちょっと背伸びして、夏物の名古屋帯でもいいよね。
 でも、まあ無難にいくなら、やっぱり白かな。
 もしくはちょっとイヤラシくするなら、黒の柄物でもカッコいいかも。」




・・・!! 黒!!


なんですか その 猥褻感・・?
それはちょっと下品になるかならないかのギリギリラインですね。
さすがゆうきちゃんです。


「真っ黒は重いから、少し柄が入ったものが良いと思うよ。」


「・・・黒の兵児帯なんてどうでしょう?」


「あ、いいんじゃない?」




そんな感じで、一年ぶりの夜は更けて行く・・・・。